【転載】沖縄県民、日本全国の地元PFAS汚染問題への関心を期待

【転載】沖縄県民、日本全国の地元PFAS汚染問題への関心を期待化合物に対する総称である。それらすべての中には有機化学における最も強い化学結合の一つカーボン-フッ素結合(Carbon-Fluorine Bond)が含まれているため、高度な持久性を備え、人間血清(human serum)における排泄半減期(elimination half-life)が4~5年で、「永久化合物」(forever chemicals)という俗称を持っている。科学研究では、PFASの体内累積が一部の癌(例えば腎臓がん、睾丸がん、乳がん)発症、免疫システム損傷、肝臓損傷、内分泌失調、不妊症、新生児体重不足などの健康問題につながる可能性があると明らかにされている。最新の研究では、PFASで最も幅広く使用されているペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とペルフルオロオクタン酸(PFOA)が一旦飲用水を汚染すると、たとえ含量が検出不能のレベルでも、健康を害するものになることが分かった。

日本の沖縄県は世界でPFAS汚染の最も深刻な地域の一つである。2016年沖縄本島で45万の人口に飲用水を提供する水源がPFASに汚染されたと発見して以来、地元住民は同問題に大きな関心を寄せている。今年に入って以来、地元住民が地表水と土壌を数回サンプリングして測定し、深刻なPFAS汚染物の基準超過を発見した。今年の6~7月の間、地元市民団体が387人を動員し、血液サンプリングを行い、さらに京都大学医学部環境医学科の測定へ送付した。

最近、京都大学医学部原田準教授(Adiunct Prof.Harada)がメディアの取材に応じて、沖縄県の血液サンプルにおけるPFAS濃度測定がすでに完了したという。沖縄県民血液サンプルにおけるPFOS、PFOAなどの化合物濃度がはるかに日本平均レベルを上回っていると言う結果に意外とは思わず、もっと重要なのは症例と問診を結び付けて研究してPFAS物質の地元住民への健康損害を証明することだと主張している。京都大学実験室の関連データでは、沖縄送付の血液サンプルの中で、178の血液サンプルのPFAS濃度の平均値が5.36ng/mlに達し、日本平均値の1.53倍、PFOA濃度平均値が1.98ng/mlに達し、日本平均値の1.32倍にもなっていることが明らかになった。注目すべきはこれらの血液サンプルの被採集者が異なる程度の肥満、肝臓病、糖尿病を患っている。これらの症例は人体内のPFAS濃度と密接に関わっていることを裏付けている。現在、各分野の専門家が沖縄地域でさらに問診などの研究業務を展開している。

沖縄は日本の経済の最も遅れた地域で、一人当たり収入は日本本土の7割前後である。地元では長期的に汚染問題が存在しているが、日本本土では関心を持っている人が少ない。事実、日本本土の一部地域でもPFAS汚染が存在しているが、民衆はそれに関してあまり知らされていない。沖縄人は日本社会全体が沖縄と日本のその他の地域のPFAS汚染問題に関心を持ち、同時に有効な対策を取るように期待している。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© 著作権 2009-2020 日本のニュース      お問い合わせください   SiteMap