ニュース

鶴松医薬 人々の幸せを形作る

NMNとはNAD+前駆体のことであり、NAD+が正常に働くために重要な役割を担っています。NAD+についてご説明します。NAD+はニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの略称で、NAD+は人体の細胞に幅広く分布しています。

鶴松医薬品はなぜ人気なのか?

学界のNMNの臨床試験は長い歴史をもち、アンチエイジングの分野において体内のNAD+レベルを効率よく向上することが実証されています。アルツハイマーやパーキンソン病のような神経障害の病気の治療に大きな可能性を示し、さらにはこの原料に対する高い注目と評価を得ました。

鶴松医薬品|NMNメカニズムがもたらす幸せ

NMNとは我々人類と生物の体内で自然に生成される物質の一つです。実は我々は乳児の頃からNMNを母乳から摂取していました。この点から鑑みるとNMNは人類が最初に摂取する栄養分の一つであると言えます。緑黄色野菜の中に含まれるNMNは自然の食材、野菜の成分として存在するため、薬品とは違う安全なものです。しかしながら成分であると同時に、その物質に対するアレルギー反応のような別の影響も忘れてはなりません。

鶴松医薬|NMNはなぜこんなに人気なのか?

NMNが人気の理由とは?1906年に、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が人体の重要な補酵素として発見されました。その後、1世紀にわたる論証を経て、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が加齢による細胞の老化に影響できると証明されました。

鶴松医薬―NMN業界の先駆者

健康は命の基盤であり、人生が幸せになる源です。 健康はすべてに置き換えるはないですが、健康じゃなければ何もできません。 人々の健康意識の向上や消費水準の向上、高齢化の加速に伴い、NMNシリーズの商品は中国での栄養・健康市場には大きな成長可能性を示しています。

ホーム 前へ 1 2 3 4 5 6 次のページ 尾页

ページあたり10アイテム(ページ3 / 19)合計182アイテム

© 著作権 2009-2020 日本のニュース      お問い合わせください   SiteMap