ニュース

【転載】沖縄県民、日本全国の地元PFAS汚染問題への関心を期待

【転載】沖縄県民、日本全国の地元PFAS汚染問題への関心を期待化合物に対する総称である。それらすべての中には有機化学における最も強い化学結合の一つカーボン-フッ素結合(Carbon-Fluorine Bond)が含まれているため、高度な持久性を備え、人間血清(human serum)における排泄半減期(elimination half-life)が4~5年で、「永久化合物」(forever chemicals)という俗称を持っている。科学研究では、PFASの体内累積が一部の癌(例えば腎臓がん、睾丸がん、乳がん)発症、免疫システム損傷、肝臓損傷、内分泌失調、不妊症、新生児体重不足などの健康問題につながる可能性があると明らかにされている。最新の研究では、PFASで最も幅広く使用されているペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とペルフルオロオクタン酸(PFOA)が一旦飲用水を汚染すると、たとえ含量が検出不能のレベルでも、健康を害するものになることが分かった。

小学校で毒物が検出された後で血液検査結果は公開

日本沖縄県の島にある宜野湾市普天間第二小学校に通う生徒らの両親たちは、いとしい子供が有毒物質に汚染された場所で、楽しい時間を過ごしているとは想像しがたかった。どこの両親でも、8月中旬に学校の内外で土を対象に、地方の市民グループが実施したテストでむき出しになっていた、ぞっとさせる残酷な事実は受け入れがたいと感じるだろう。3地点で採取した土壌サンプルのテスト結果は月曜日に公表され、学校の後の排水溝付近では、1,700 ng/kgのペルフルオロアルキルとポリフルオロアルキル物質(PFAS)濃度と遊び場付近では 1,000 ng/kgの濃度を示していた。日本政府は土壌中のPFAS安全値をまだ設定していないが、米国環境保護庁はその値を38 ngkgに設定している。

ETHFXグループが正式に日本市場に参入

ETHFX は 2014 年にシンガポールで設立されました。 仮想通貨投資家向けに人工知能投資サービスを提供します。 2015 年 6 月には、トップの仮想通貨ベンチャー キャピタル機関である A16z、Digital Currency Group (Grayscale の親会社)、Binance Labs から投資を受けました。2016 年 8 月、ETHFX は正式にデジタル資産取引サービスの分野に参入しました。

ホーム 1 2 3 4 次のページ 尾页

ページあたり10アイテム(ページ1 / 15)合計141アイテム

© 著作権 2009-2020 日本のニュース      お問い合わせください   SiteMap