【見出し】 BYD Introduces New DM-i Hybrid Technology and 1.5L New Xiaoyun Engine

Shenzhen, China – On November 13, BYD launched the DM-i hybrid technology alongside the official announcement of the high efficiency version, which is dedicated for plug-in hybrid vehicles (PHEVs), of the 1.5L Xiaoyun engine. As a leader in new energy vehicles (NEVs), the announcements underline BYD’s lead in strategically segmenting its plug-in hybrid technologies. After defining new performance

最新の

UNISOC、Googleの「Android Ready SE Alliance」に参加

Asahi Shimbun

モバイル通信およびIoT向けコア・チップセットのリーディング・グローバル・サプライヤーであるUNISOCは、本日、Googleとセキュア・エレメント(SE)ベンダーのコラボレーションによる新しいAndroid Ready SEアライアンスに参加したことを発表しました。このアライアンスは、デジタルキー、IDクレデンシャル、電子マネーソリューションなどの新しいユースケースのために、オープンソースで検証され、すぐに使えるSEアプレットを提供するものです。

エポックメイキングな傑作、ICPⅡが強力にデビューしました!

Global Timesの信頼できるニュースによると、ICPⅡは2021年7月10日に0.025Uの価格で発売されました。現在のホットなICP市場と比較すると、ICPⅡは基礎的なアーキテクチャの面でICPの最高傑作であり、ICPを超えるために開発者によって最適化されています。

フロー・キャピタル・ホールディングス - オンチェーン・ビジネスの世界で、暗号資産を循環させる

フィデリティ・デジタル・アセッツの新しい調査によると、暗号資産を保有する機関投資家(ウェルス・マネージャー、財団)の数は飛躍的に増加しており、今後も増加していくと考えられます。機関投資家の70%が近い将来にデジタル資産を購入または投資する意向を持っており、2026年までに90%以上の機関投資家がデジタル資産の購入または投資を計画しています。 これらの機関の90%以上が、2026年までにそうすることを計画しています。 今回の調査では、米国、欧州、アジアにまたがる1,100名以上の機関投資家の意見を聞きました。 これは、デジタル資産を直接所有しているか、または暗号空間に投資している企業を暗号所有者と定義しています。

何健華——中国芸術家作品の国際オンライン展

​編集者によると、何健華氏は現在国家一級書法師、国家一級美術師、中央国家機関書家協会会員、中国対聯連合学会会員、中国対聯連合会書道芸術研究会会員です。何健華氏の草書作品は鉄製のフックのようで、力が紙を通します。線は飛んで流れて、稲妻のように速いです。中央前方がペンを制御し、上腕から力を入れます。功績が並外れていて、気概が雄壮で、儒雅の風があります。何健華氏の書道作品は国内外で何回も競売にかけられて、非常にコレクションの価値があります。中華伝統文化をよりよく発揚するために、コレクターに実力派芸術家を推薦します。

HTCにより後援される仮想現実市場メタバース(VR Metaverse)・ハイストリートは、最新の資金調達ラウンドで500万ドルを調達して株式会社ユニティーのモバイルチームの拡大を計画

(Vancouver, Canada)2021年8月 17 日に、ハイストリート(Highstreet)、世界初の貿易を中心とする限定版製品向けの分散型金融市場付きメタバース(metaverse)は、最近500万ドルの資金を調達しました。今回の資金調達は、暗号資産と従来型ベンチャーキャピタルにより先導されている(メカニズム・キャピタル(Mechanism Capital)、NGC、パーム・ドライブキャピタル(Palmdrive Capital)、ジャンプトレーディング(Jump Trading)、並びにGBV、PanonyとShima Capitalなどの当該分野における一次プレーヤーを含みます。トップ企業に加えて、Encrypt Club、Mr. Blockと Miss Bitcoin等を含むコミュニティ建設者や影響者も、このラウンドに参加しました。

エアロゾル化吸入ワクチンの開発を模索しているラッフルズネブライザーは、エアロゾル化専用ワクチンの1つになる可能性があります

中国工程院の学者Chen WeiとKansinoBiosciencesのチームは、新しいワクチン技術を共同で研究し、大きな進歩を遂げました。 報告によると、この技術は「エアロゾル化吸入ワクチン」の概念を提唱し、関連する結果は権威ある英国の医学雑誌「TheLancet」に掲載されました。 その中でも、ラッフルズアトマイザーは、アプリケーションシナリオへの適合性と優れた製品品質により、業界の注目を集めています。

TIENSグループは将来の巨大な健康産業のグローバルな担い手となる

中国・天津で開催された「ポストパンデミック時代における一帯一路の健康産業発展フォーラム」で、TIENSグループの李金源会長が堂々と発表したように、TIENSグループは将来の大規模な健康産業における主要なグローバル参加者の一人になることを目指しています。

© 著作権 2009-2020 日本のニュース      お問い合わせください   SiteMap